キャッシングは限度額で比較したほうがいい?

2014/09/30

キャッシングはネットで比較される方が多いでしょう。
比較するポイントとしては、限度額と金利が圧倒的に多いです。
現在のキャッシングは即日融資が当たり前なので、融資までの時間に関しては、比べる方は少ないです。
融資まで1週間を要するような商品はほとんどなく、最短即日が主流となっています。
そうなれば、比べる対象となるのは限度額と金利なのです。
では、限度額で比べることに関してメリットがあるかといえば、これはあまりないのが現実です。
金利で比べるのは非常に大切なことですが、限度額はあまり意味がありません。
そもそも、業者が設定する限度額まで借りられる方はほとんどいません。
限度額500万円も300万円も、あまり変わらないというのが現実なのです。
300万円を借りるにしても、年収900万円以上稼いでいることが必須となります。
平均年収400万円の現代では、900万円稼いでいる方というのはほとんどいません。
そのため、限度額は500万円である必要はないのです。
例えば、自身の年収が300万円であれば、限度額100万円も500万円も同じということになります。
年収300万円ですと、100万円までしか借りることはできません。
総量規制の関係上、101万円の融資を受けることはできないので、100万円超の限度額があってもあまり意味がないのです。
キャッシングを比較するときは、限度額よりも金利のほうがずっと重要なポイントとなります。